元野球人 母からのLINE

 昨今はインターネットが普及して連絡手段やコミュニケーションツールが非常に豊かになってきました。その中の一つにLINEがあります。そのLINEの機能にグループ機能があり複数の人で会話のような事ができるツールがあります。私の親、兄弟で一つのグループがあるのですが、昨日、母親が突然

「みなさん元気ですか?いつも元気でいてくれてありがとう。みんな素直でいてくれて私は幸せです」

と。

正月に帰省をしてから会っていなかったのですが、一体何があったのか!と心配になりました。

 

妹が「どうした?急に!」と聞いたところ、「ただ思っただけ」とのこと。

 

妹が「私もだよー」と言って和やかな空気になったのですが、そこで思いました。

 

親もずっと生きているわけではないんだなと。

親に迷惑や心配をずっとさせてきて何も恩返しができていないと改めて気づいた出来事でした。

 

「生きていれば親孝行」とか「たまに電話で声を聞かせてあげる」とかではなく、私が思う本当の親孝行とは

「あなたの息子のおかげで救われた」「あなたの息子に本当にお世話になった」

と、人づてに親の耳に入ればな。と思っています。

 

まだまだ自分の事で精一杯ですが、野球を通じてその言葉が巡り巡って親の耳に入る日が来るよう一層頑張っていこうと感じた1日でした。

 

さぁ、野球しましょ!!